最後の一口で全てが決まる?!

最後の一口で全てが決まる?!

何事も魂は細部に宿る

最近、近所にできたお寿司屋さんに行ってみました。
とある雑誌にも載っていて高評価だったので、楽しみウキウキで入店。
小さいお店ながら、早い時間から二組のお客様が食事していました。

お寿司は1カン100円からとリーズナブルでお財布にも優しく、
見た目も良く、味もお値段の割には美味しい。
シャリが小さいのも好みです。
白身好きとしては、回転寿司にはあまりない美味しい白身をたくさん食べられるのもポイント!
うまいうまいと食べてましたが、、、、

ガリ(生姜)を食べてみて、うぅぅっっと。。
何だこりゃー。
添加物だらけの変な味。舌が痛くなるような味。。
味覚やられて、へこみました。

せっかく美味しいお寿司やお料理を出しても、
アクセントになるガリがこれでは、、、お店の品位まで下がります。
こういうところでお店の格が決まると思うのですね。
魂は細部に宿る。
m0915a

最後の一口をおろそかにするなかれ

お漬物にもそれは通じるところで、
最後の一口を美味しいお漬物と一緒に食べれば、
それはそれは得も言われぬ満足な食事となるのです。

添加物だらけのお漬物に慣れていませんか?
手間はかかるけど、自分の家でぬか漬けをつくったり、
丁寧に作られたお漬物を購入することは、
健康という視点だけでなく、
食事という一つの儀式を本当の意味で全うすることなのだと思うのです。

お寿司やさんの私の評価は、ガリという脇役のおかげでガタ落ちです。
ガリ以外はそこそこ良かった評価。
他のものも、ちゃんとした材料使ってるのかなーなんて、どうしても疑ってしまいます。
こんなところにこだわるのは、私だけかな?
個人的には、やっぱり最後の一口まで心配りしたいのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)